三重に来たら宴会するっきゃないでしょ!

三重はごちそうの宝庫、宴会しなきゃ損です

松阪牛は三重県の有名ブランド

松阪牛は三重県の有名ブランド

三重県と聞いて松阪牛を思い浮かべる人も少なくないように思いますが、食べたことがある人はどれだけいるでしょうか。

ちなみに、私は食べたことがないのですが、牛肉とは思えないほど柔らかく、霜降り具合が申し分なく、ステーキよりもすき焼きで食べるほうが美味しいという話を聞いたことがあります。

松阪牛は、三重ブランドに認定されていますが、品種ではなく、全国各地から黒毛和牛の仔牛を買取って、三重県松阪市の牛舎で飼育された牛のことをいい、松阪牛として食べられているのは、黒毛和牛の講師を1度も生んでいない雌牛の中でも、登録されている牛なのだそうです。

2002年に規約が改正され、現在では、格付けの高い高級な牛だけでなく、格付けの低い牛も松阪牛と呼べるようになったことから、それ以前より品質が落ちていることもあり、三重ブランドの品質を守ることも考慮し、松阪牛の中でも格付けをしているそうですが、例え、格付けの低い松阪牛でも、一般の牛肉からみると値段は高く、一般庶民の宴会で出ることは、まずありませんが、階級の高い人が集まる宴会では、もしかしたら出るのかもしれませんね。

あっさり伊勢うどんは三重県伊勢市のお決まり!

三重県の人に限らず、宴会からの帰り道にラーメンを食べるというのをよく聞きますが、食べずに家まで帰ると、お茶漬けやうどんなど、あっさりしたものが不思議と食べたくなるものです。

三重県には、伊勢うどんという伊勢市を中心に食べられているうどん料理があり、風邪をひいた時、受験勉強の夜食、宴会の場で脂っこいものを食べた時の夜食、宴会の次の日のようなあっさりしたものがほしい時などなど・・・どちらかというと濃厚な味のスープですが、麺に絡めて食べるので、それほど気にならず、薬味の刻みねぎだけで具やトッピングがほとんどないので、とてもあっさりと食べることができ、たくさんの人に親しまれているそうです。

社員旅行は三重にして宴会ざんまい

また、伊勢市は、伊勢神宮で有名なことから、たくさんの観光客が訪れるところでもあり、宿泊施設に泊っていると、宴会などで出る脂っこい料理や、高級料理を食べたりする機会も多くなり、あっさりしたものがほしくなりますよね。

そんな観光客の人の昼食にお勧めなのも、この伊勢うどんで、地元の人だけでなく、観光客の人にもとても人気があるそうです。

Comments are closed.