三重に来たら宴会するっきゃないでしょ!

三重はごちそうの宝庫、宴会しなきゃ損です

三重とは?宴会のつまみのの魚介

まず三重と言えばどういうイメージを思い浮かべますか?

例えば「自然豊かで空気が綺麗」

「田舎の町だけども工場が多い」

とイメージが多く思われていると思います。

自然とか工場が多いとかではなく他にもたくさんの三重にしかない有名なものがたくさんあります。

少しですが、日本地図の中心に位置していて宴会の話の定番のゲーム感覚のように手作り感が最も強く農場を用いてパンを作れたりする場所があるのです。

他にも三重ならではの江戸時代にタイムスリップしたかのような場所があり、忍者がいるかのような建物があるテーマパークがあるのだ。

その忍者がいるかのようなテーマパークにも近い、スペインをイメージとした大人と子供にも人気な場所があります。

建物や乗り物がすごくスペインっぽいのでスペインに海外旅行に来たかのように楽しめます。

宴会の場の話のネタにはピッタリです。

最大のイメージは夜に輝くイルミネーションは各県によってイルミネーションはありますが、三重のイルミネーションは「ナイヤガラの滝」

をモチーフとしていて海のようにきれいな青に輝いていてプロポーズをする時に最も集まるところなのです。

宴会では伊勢海老と焼きハマグリはすごくオススメです。

伊勢海老と焼きハマグリは各県どこにでもあり、どこの県も焼いたり、煮たりすればおいしいでしょうと思われていますが宴会の伊勢海老はすごくプリプリなのです。

伊勢海老は海の中でウニや貝、海藻などを食べ続けているので伊勢海老でも痩せていたり、太っていたりするので丸く太っている伊勢海老がすごく身が詰まっていてプリプリの身が殻から飛び出るほど太っている伊勢海老の方がおいしいのです。

生でしょうゆをつけて食べるのもおしいですが生で食べるより焼いて食べた方がすごくおいしいのです。

とりたての焼きハマグリは、潮の香りがすごく焼きハマグリの汁もご飯に合いますがご飯より合うのがお酒です。

焼きハマグリは何個食べても飽きないし、身がしっかりしているので身が貝全体にあるので満足できる焼きハマグリとなっています。

伊勢海老も焼きハマグリも宴会ではすごく有名でおもに冬によく食べている方が多く年の5月~9月以外は宴会ならではの旬の食べ物なのです。

他にも気になる三重の宴会について詳しく教えてくれるサイトがあるので参考にしてみてはどうでしょうか。

幹事必見!三重の宴会のことならココ!

Comments are closed.